堀 雄一朗 (CEO)

 
1973年出生、立教大学卒業後、丸紅(株)開発建設部入社。
1999年より上海に駐在し、住宅などの不動産開発案件を担当。
2002年末の本社帰任時に退社し、2004年よりフュージョントレーディング社設立。その後、
2005年にフュージョンコンサルティング社を設立すると共に、上海・浦東地区に中国資本との合弁家具工場を設立。
同年より、製造業としての事業運営に着手。2006年には外食事業に参入し、ブルー・コーポレーションを設立。
2007年、フランス・ラヴァル社と資本提携し、2008年より新工場ファニチャーラボを操業開始。
2011年、ドメニコ・デ・パロコレクションをミラノ・サローネで発表。
2011年秋期、メイド・イン・上海のクラフトマンシップを全面に表現したコレクション『ステラ−・ワークス』を発表
デンマークよりスペース・コペンハーゲン、イタリアよりカルロ・フォルコリーニ、日本より鄭秀和を擁して、
世界のトップデザイナーによるデザイン価値を惜しみなく表現したコレクションを立ち上げる。
『ステラ−・ワークス』は、2012年ミラノ・サローネにて発表予定。